板橋志村9

熊野神社

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)

伊邪那美命(いざなみのみこと)

事解之男命(ことさかのおのみこと)

御朱雀天皇の長久三年(1042)この地の豪族志村将監が紀州熊野より勧請したものと伝えられています。天喜年中八幡太郎義家が父頼義ととともに奥州追討の時武運長久の祈願をしました。康正2年(1456年)千葉隠岐守信胤が、西部に城砦を築き城内鎮守として厚く崇敬しました。社殿西側の低地は本丸と二ノ丸との間にあった空濠の跡です。

志村城跡と熊野神社

志村城は、康正二(1456)年にちば自胤が赤塚城に入場した際、一族の千葉隠岐守信胤(のぶたね)が入場して、赤塚上の前衛拠点としました。

本丸は志村小学校を中心とする一帯の丘陵地で、出井川と荒川をめぐらせ、”守に易く攻めるに難し”といわれる堅城でありましたが、大永4年(1524)に北条宇治綱に攻められて落城しました。

熊野神社は志村城二の丸にあたり、社殿は古墳上に建てられています。長久3(1042)年、志村将監が紀州から勧請したと伝えられていて、千葉自胤(よりたね)が志村城の守護神と定めました。現在の社殿は昭和32年に改築されたものです。

絵馬・扁額 付寄進札

当社所蔵の絵馬と扁額はその多くが江戸時代中期から大正期にかけて、地域住民により奉納されたもので、絵馬82枚、扁額9枚、寄進札4枚が現在奉納されています。

絵馬には、参詣図や神話図、物語図など多様な画題が見られますが、特に注目すべきは伊勢太々神楽奉奏の様子を描いた寛政7年(1795)の大絵馬です。

伊勢太々神楽とは室町時代末期から江戸時代を通して、伊勢や熱田の大神宮の御師・社家の神前で奉納された神楽です。参宮者は祈願成就と参宮の証として、この神楽奉奏の様子を絵馬に描き、地元の氏神様に奉納しました。

板橋志村8

見次山 松壽院

本尊 地蔵菩薩 天明5年12月24日

開基 大永4年 見次権兵衛創設

宗派 真言宗豊山派

総本山 長谷寺 奈良県桜井市初瀬

祖師 宗派 弘法大師(空海)

中興祖 興教大師(覚鑁)

派祖 専誉僧正

開宗 仏教の神髄を説く密教が、インドより中国を経て、平安時代に、弘法大師により日本に伝えられ、真言宗として成立開宗されました。

教え 諸尊の総本尊としての大日如来の境地や徳を表した真実の言葉「真言」の教えを体得し、即身成仏を説く。

曼陀羅思想は、大日如来の智慧と真理を展開した教えで、全ての世界は、大日如来の総徳に包括され、理想社会を目指す。

延命寺は、見次山と号する真言宗寺院で、ご本尊は地蔵菩薩です。

開山は頼眞、開基は見次権兵衛とされています。大永4年(1524)、北条市綱は、上杉朝興が拠点としていた江戸城を攻め落としました。結果、上杉勢は河越へと遁走していきますが、その際には志村城でも戦闘が行われたと言われています。戦いの中で、志村城主篠田五郎の家臣見次権兵衛は、子息権太郎が闘死するのを目の当たりにし、戦後、息子の菩薩を弔うために居宅を供して寺院とし、自らは開基となったと伝わります。

「新編武蔵風土記稿」によれば、享保年中(1716~36)の鷹狩に際し、当時に御腰掛・御成門が設けられ、御膳所となったと記されています。将軍は当時を拠点として、戸田・志村原で行われた鷹狩へと赴いて行きました。