平成最後のツバメの平成最後の日の写真

マンション1階の駐車場の中にツバメが巣を作って、卵を温めています。

今日は平成天皇退位の日で、退位礼正伝の儀が行われます。

この巣は数年前の巣ですが、上の方は色が違うので、今年増築したのでしょうか。あまり近くまで行くと、ツバメが警戒して巣から離れるので、少し離れた距離で撮影し、拡大しました。そのため、少し鮮明ではありません。

アルメリアです。

番町九段6

靖国神社の東側の塀です。

白百合学園は、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学まであります。

シャルトル聖パウロ修道女会は、本年来日140周年を迎えました。17世紀末、フランスの小さな村ルヴェヴィルで、教育の機会に恵まれない子供たちのために修道院の地下室で開いた小さな教室で教えていました。

カトリックのミッション校です。校名には「白百合の花のように 清らかでつつましい中にも 一本芯の通った強い女性を育てる」という意味が込められています。 また、ジャンヌダルクのようにという意味もあります。

千代田区立 九段中等教育学校です。

校舎とグラウンドです。

暁星学園です。

エド山口とモト冬樹は兄弟で、この学校の卒業です。親が医者で、子供を医者にしたかったのですが、エド山口はギターに熱中して医学部に行ける可能性が無くなりました。そこで、親は、エド山口に「お前はあきらめたけど、弟はギターの道に入れないでくれ。」と頼んだのでしたが、モト冬樹もやはり芸能人になってしまいました。

エド山口は、釣り好きで有名です。南伊豆の民宿に泊まった時、一緒になったことがあります。

この地に明治時代の文学結社、硯友社の社屋がありました。硯友社は明治18年(1885)2月、尾崎紅葉、山田美妙、石橋思案らで結成され、回覧雑誌「我楽多文庫」を発刊しました。

ビオラの季節です。