カリブ海クルーズ5:プロペラ機 ビーチパラソル 犬 散歩 小噺 メキシコの漁師 MBA 

Las Olas Beach(ラス・オーラス) の様子です。

プロペラ機が海岸沿いの上空を行ったり来たりしています。

右下の方に旗(バナー)のようなものを引っ張っています。

拡大しましたが、やはりよくわかりません。広告でしょうか。

ビーチパラソルが遠くまで並んでいます。

寝そべってみたくなります。

しかし、ここに座るや否や、どこからともなく管理人が現れて料金を徴収されます。

リタイヤ―したご夫婦でしょうか。

2頭の犬の散歩です。

こんなに温暖なところで、お金の心配もなく仕事もせずに別荘暮らしでは、頭も体もなまって生活も不規則になってしまいそう。

犬が生活のリズムをリードしてくれるでしょう。

ここでアメリカの小噺を紹介します。

あるアメリカのエリートビジネスマンがメキシコの港町に来て、朝だけ漁をして午後は子供と遊び、夜は仲間たちを酒を飲んで生活している貧しい漁師に言いました。

ビジネスマン「私はハーバード大学でMBAを取得したエリートビジネスマンだ。いいことを教えてあげよう。」

漁師「どんな事?」

ビジネスマン「君は、朝少しだけ漁をして、午後と夜は遊んでいる。もっと働いた方が良い。」

漁師「どんな風に?」

ビジネスマン「午後も夜も頑張って漁をするんだ。」

漁師「それでどうするの?」

ビジネスマン「お金がたまったら、今より大きな漁船を買って、従業員を雇うんだ。」

漁師「それでどうするの?」

ビジネスマン「もっとお金がたまったら、魚の加工工場を建てるんだ。MBAで学んだマーケティングノウハウを駆使して、付加価値の高い商品を販売するんだ。

漁師「それでどうするの?」

ビジネスマン「十分にお金を貯めたら、別荘を建てて、そこで釣りをしたり、パーティーを開いて楽しく暮らすのさ。」

漁師「なあんだ。それなら、今おいらがやっていることと同じだ。」

カリブ海クルーズ4:ハンバーガー フライドポテト ブッフェ 朝食 ラス・オーラス・ビーチ Las Olas beach

ホテルでの夕食です。

500メートルほど離れた場所に小規模なレストラン群がありますが、そこは翌日行くことにして、本日はホテルのレストランで食事をとることにしました。

ハンバーガーを注文しました。スライスチーズが2枚乗っています。

アメリカではハンバーガーなどを頼むと、山ほどのフレンチポテトフライがついてきます。揚げたてでおいしいのですが、量が少し多いという感想です。

ブッフェスタイルなので、どうしても欲張ってたくさん取ってしまいます。

頑張って全部食べなくては。

私は性格上、食べ物を残さない主義なのです。

私のは果物を多くしています。

ブルーベリーがおいしそう。我が家のブルーベリーは、あまり大きい実がなりません。日当たりのせいでしょうか。

連れ合いの朝食です。

野菜、果物、肉、ヨーグルトなど盛りだくさんです。

マフィンが大きいですね。

食後にホテルのフロントで、近くのビーチはどこが良いかと訪ねました。

Las Olas が良いというので、タクシーで行くことにしました。

マイアミビーチMiami Beachの方がにぎやかで、色々な施設がありましたが、タクシーで1時間、1万円くらいかかりそうなので、Las Olasにしました。

このような地元の人に愛されている場所は、日本人もほとんどおらず、またアメリカらしい雰囲気があるので、自分の足で歩くと趣があります。

ラス・オーラスまで5000円ほどかかりました。

 

費用的には、地元の鉄道のTri Rail(トライ・レールと読みます。)が良いのですが、少し内陸を走っているので、その駅からまたタクシーに乗る必要があります。

地元の鉄道に乗ることは楽しいので、できるだけ利用するようにしていますが、今回はちょっと無理でした。

最終日の早朝に乗ります。

マイアミは北緯25度で、北緯24度の宮古島とほぼ同じ緯度です。

宮古島も11月に泳ぐ人は少ないでしょう。ここマイアミでも泳いでいる人はいませんでした。