アンコールワットの旅31:ココナッツのスムージー Schweppes(シュウェップス)  ポルポト派時代の銃弾の跡

ココナッツのスムージーです。美味しい。

左のSchweppes(シュウェップス) は、世界各国で販売されている炭酸水です。右は、おなじみの蓮の花のつぼみです。

日本で言う生姜焼き定食です。トッピングはカリカリのショウガです。

これも豚料理です。

左から、パイナップル、パッションフルーツ、ドラゴンフルーツ、マンゴー、ライム、パパイヤです。

昼食を取ったレストランです。

アンコールワットに戻ってきました。

繊細な彫刻です。

これはポルポト派時代の銃弾の跡です。

現在も信仰の対象です。

アンコールワットの旅30:タ・プローム ココナッツのスムージー 修復前後

タ・プロームのガジュマル。

建物に調和して、しっくりした組み合わせです。

綺麗な彫刻が施してあります。

上が修復前、下が修復後です。

タ・プローム寺院の配置図。

建物はただの廃墟ではなく、花を生け、線香をあげています。

ココナッツ、パイナップル、バナナ、マンゴー。左下のは何か、とガイドに聞いたら「ココナッツ」と答えました。ヤシの実だと思っていたのです。実はココナッツとヤシの実は同じものです。

タ・プローム寺院の見学を終えて、ガイドさんの所属する Southern Breezeの事務所です。H.I.S.と同じ建物にあります。ガイドには、会社に所属する人と、フリーで、日雇いのガイドがいます。今日は会社に所属しているガイドさんです。

昼ごはんです。グラスの中にあるのは蓮の花です。メニューです。

注文したココナッツのスムージーとソフトドリンクです。