イタリア21:ミラノ スフォルツァ城 ミケランジェロ ロンダニーニのピエタ スターホテルズ・アンダーソン アリタリア航空

ミラノのスフォルツァ城です。

もともとは城壁でしたが、今は美術館として使用されています。

14世紀にヴィスコンティ家によって建設されましたが、その後破壊され、そして、20世紀までかけて修復されました。

美術館にはミケランジェロの最後の作品「ロンダニーニのピエタ」も展示されています。

外の回廊の天井画です。

スフォルツァ城ともお別れです。そして、9日間のイタリアの旅も、そろそろ終わりです。

私たちが去った後も、この鴨たちはここで餌を食べるのでしょう。

5泊した、ミラノ駅前のスターホテルズ・アンダーソンを引き払います。

アリタリア航空で帰ります。

15:25にミラノを出発して、成田に10:45着です。

お土産がたくさん。レモン関係が多いですね。

イタリア20:サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会  レオナルドダヴィンチの最後の晩餐

レオナルドダヴィンチの最後の晩餐です。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の食堂の壁画です。

縦420横 910 cmの大きな絵です。

1945年から取り掛かり、1948年に完成しました。 

損傷が激しく、薄暗い中での撮影です。

それぞれの人物の配置図です。

十字架刑磔刑図です。

日本からインターネットで予約を取り、何とか見ることができました。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会 です。世界遺産です。