日比谷の散策5

日比谷公園の散策です。

心字池です。ここは日比谷公園ができる前は濠でした。その面影を残すために公園造成時に池としたもので、全体を上から見ると「心」の字を崩した形をしています。心字池は禅宗の影響を受けた鎌倉、室町時代の庭に見られる日本庭園の伝統的な手法の一つです。

日比谷見附後です。「見附」とは、街道の分岐点など交通の要所に置かれた見張り所のことです。この石垣は、江戸城外郭城門の一つ、日比谷御門の一部です。白の外側から順に、高麗門・枡形・渡櫓・番所が石垣で囲まれていて、その石垣の一部だけが、ここに残っています。

日比谷濠です。「鯉に餌を与えないで下さい。」という看板です。

第一生命のビルです。

帝国劇場です。帝国劇場は、益田太郎、西野恵之助、渋沢栄一、荘田平五郎、福澤捨次郎、福澤桃介、日比翁助、田中常徳、手塚猛昌が発起人となり、大倉喜八郎が中心となって設立された日本初の西洋式演劇劇場で、1911年(明治44年)3月1日に竣工式が行われました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です