カリブ海クルーズ44:マイアミ沖 モンスーン

下船の朝です。少し靄っています。

ここはもうカリブ海ではなく、マイアミ沖です。

雲の間から真っ青な空が見えます。

昔、コマーシャルを作っていた時に、博報堂のカメラマンに「なぜ日本の空と比べてアメリカの空は、コントラストが強いのか?」と聞いたら、「日本はモンスーンで、空気が湿っているから。」と言っていました。

昭和の時代に、浜松からピアノをアメリカに輸出したら、日本より乾燥しているアメリカでは、ピアノの板が反ってしまったそうです。

海も紺碧です。

フォートローダーデールに戻ってきました。

出航した場所です。この船は、朝、私たちを下して、昼から次のクルーズの乗客を乗せます。そして深夜に出航します。

この緑地帯は、もともとはリーフで、そこに木が生えたのでしょうか。

これはカニでしょうか。最後のタオル折り紙です。2つの目はチョコレートです。

ギャングウェイのそばにあった蘭の花です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です