板橋氷川台6

栗原遺跡の竪穴住居跡

栗原遺跡は、昭和30年(1955)に立教学院総合運動場造成の際、発見された遺跡で、このあたりの旧小字名「栗原」を遺跡名としたものです。

 

昭和30年から翌年にかけて、立教大学を中心に、地域の学校の協力を得て、発掘調査が行われました。弥生時代の住居跡が3軒、古墳時代から平安時代の住居跡が15軒見つかりました。他に、旧石器時代の石器や縄文時代の土器や石器が出土しています。この辺りは、石神井川と田柄川に挟まれた台地であり、日当たりもよく、生活に欠かせない水の得やすい土地であったため、長い間、人々が生活していました。

復元された住居跡は、八世紀初めころ(奈良時代初め)のもので、昭和32年(1957)東京大学教授 藤島亥治郎博士の設計により建てられたものです。発掘された竪穴住居跡は、地表から床面まで約50センチメートルの深さに彫られ、北側に粘土でかまどが作られていました。柱穴は4か所あり、復元の際には、経約21センチメートルのケヤキ丸太を主柱にし、梁・桁にスギ丸太を用い、カヤを葺いて復元しています。

この復元住居跡は、奈良の都の華やかさに比べ、当時の農民の暮らしぶりがどんなものであったかを語りかけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です