大泉5

妙延寺

山号を倍光山といい、日蓮宗の寺で、本尊は釈迦牟尼仏です。

寺伝によると、永禄11年(1568)に開山円乗院日宜上人、開基加藤作右衛門によって開かれました。樹齢400年と推定される本堂前の大イチョウがその草創を語っています。

境内には千五百か寺並びに千か寺往詣成就の題目供養塔や、庚申塔・馬頭観音・地蔵尊などの石造物があります。

なお、本寺には、幕末から私塾(寺子屋)が開かれていましたが、明治7年(1874)私学校の明倫学校が開校し、後に公立豊島学校第二分校となりました。同9年には分校から公立豊西小学校に昇格しました。現在の区立大泉小学校の前身です。

寺の門前を東西に亨道路を清戸道といいます。昔から大泉や石神井の人々が農産物を江戸へ運ぶ重要な道でした。

教学院

教学院は、山号を西円山といい、真言宗智山派(豊島八十八ケ所第四十六番札所)のお寺で本尊は十一面観世音菩薩です。

寺伝によりますと、文永5年(1268)長全法印により開山され、その後正平9年(1354)児玉郡本荘城主の荘弘泰、弘朝父子が武蔵野合戦のの地橋戸村に土着し、当時を菩提寺としました。その後長い間衰微していたのを、永禄3年(1560)良賢法印が中興開山となって復興したと言われています。

明るい墓地には江戸初期からの荘氏累代の五輪塔や、宝篋印塔があります。また付近に在って廃寺となった真福寺歴代住職のの墓もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です