メルボルン・ウルル48

キングス・キャニオン・リム・ウォークを走破して、一休みした後エアーズ・ロック・リゾートに向かいます。

アボリジニーズのドット絵です。

アボリジニーズは、 オーストラリアの先住民の総称です。

1970年代からトレス海峡の島民が独自のアイデンティティを主張するようになってからは、トレス海峡島民を除くオーストラリアの先住民を指します。

日本語ではアボリジニと表記されることが多いのですが、この訳語には問題がある。というのは、この訳語のもとになった単数形のAborigineという語は、差別的であるという理由から、オーストラリアでは公的な場で用いられなくなっているからです。

現在、先住民を総称して表現する場合は、Aboriginal PeopleやAboriginesが用いられ、個々の先住民はAboriginalを利用して、Aboriginal manやAboriginal womanと表記するのが普通です。

おそらく、日本の訳語としては、「アボリジナル」や「アボリジナルの人々」を用いるのが、現在のところ無難なようです。

東南アジアでも、オーストラリアでも、ヘビは独特の存在のようです。

結構よいお値段です。

お店の全貌です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です