ケネディー基地・カリブ海18

月面着陸の際のアームストロング船長の第一歩のことば

That’s one small step for man, one giant leap for mankind.

ヒューストンから衛星中継で全世界に流れていった。日本で中継放送の同時通訳をしていた西山 千(せん)氏は、この歴史的な第一声にじっと耳を凝らした。“That’s one small step for man”と聞こえたので、「これは人間にとっては小さな一歩だが・・・人類にとっての巨大な飛躍である」と通訳した。その後ヒューストンからニュースの電報文がきたが、やはりそうであった。アームストロング船長は不定冠詞の“a”を言わなかった。“That’s one small step for a man”というべきはずのところだったようだが。“for man”なら“人類にとって”となり、“ for a man”ならば“ひとりの男にとって”となり、意味は大きく違ってくる。

アトランティス

古代ギリシアの哲学者プラトンが著書『ティマイオス』及び『クリティアス』の中で記述した伝説上の広大な島、および、そこに繁栄したとされる帝国のことです。プラトンの時代の9000年前に海中に没したと記述されています。

無重力だから重くありません。

銀紙のようなMLI(Multi Layer Insulation)という断熱材で覆われて今す。金色やら色があり、ベルクロというマジックテープで取り付けられます。

宇宙ステーションのロボットアーム

子供たちも熱心。

UFO発見。

私も操縦する。

スペースシャトル・アトランティス

メインエンジンをはマッハ10の速度で飛行しながら、摂氏約3300度で燃焼していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です