モルディブ27

ヴィラメンドゥーの水上コテージの海に下りる階段にカニが棲みついています。

ベランダからは他のコテージの宿泊客が、シュノーケリングをしているのが見えます。

ベランダから水上飛行機が飛ぶのが見えます。

シャンパンを飲みながら夕方を愉しみます。銘柄はタテンジェです。

フランスに本拠を構えるシャンパーニュ・テタンジェは、1734年創立のフルノー社をその起源としています。
第一次大戦時、フルノー社所有のシャトー・ド・ラ・マルケトリー(寄せ木細工の城)に駐留していたピエール・シャルル・テタンジェは、この城をたいへん気に入り、戦後になってまず城を続いてフルノー社そのものを買い取りました。

1930年からテタンジェを売り出すようになって以来、 一貫して家族経営を貫いている、希少なシャンパーニュのグラン・マルク・メゾン。
現在は、ピエール・テタンジェ氏から数えて4代目に当たるピエール=エマニュエル・テタンジェ氏が社長となり、長きにわたり培われてきたテタンジェ・ファミリーの精神を継承しています。

1930年からテタンジェを売り出すようになって以来、 一貫して家族経営を貫いている、希少なシャンパーニュのグラン・マルク・メゾン。
現在は、ピエール・テタンジェ氏から数えて4代目に当たるピエール=エマニュエル・テタンジェ氏が社長となり、長きにわたり培われてきたテタンジェ・ファミリーの精神を継承しています。

のんびり、のんびり、穏やかな夕方。

TAITTINGER

テタンジェのポリシーは、「ぶどうに情熱を注ぐこと」 「ぶどう畑に慣れ親しみ、これを隅々まで熟知すること」「ぶどうの声を聴く術を心得ること」「極上のシャ ンパーニュを作るには、ぶどう畑の手入れが不可欠だということを認めること」

テタンジェは、所有する288ヘクタールのぶどう畑を、誇りをもって管理・手入れしています。
現在、テタンジェのぶどう畑には、シャンパーニュ地方でも最高レベルに属する37のクリュがあり、植えられている品種はシャルドネの割合がとくに高くなっています。

テタンジェのぶどう需要の約50%は、自社のぶどう畑で賄われており、残りはテタンジェが長期的に提携しているワイナリーやいくつかの協同組合から、慎重に選びぬいたぶどうやワインを購入して補っています。

楽天での価格は、750㎖で4,609円 (税込)でした。

鷺が海の中に立っています。

飛びました。

水上飛行機も飛んでいます。

着水します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です