明治神宮外苑のイチョウ並木:明治天皇 皇太后 ライトアップ 青山通り(国道246号) 絵画館

神宮外苑のイチョウ並木は、11月下旬から12月初めにかけて紅葉の盛りになります。

下の写真は絵画館の側から撮った写真です。

明治45年に明治天皇が、大正3年に皇太后が亡くなり、このお二人を祀って、大正9年に明治神宮が創建されました。

この写真は、青山通りから撮影しました。

葉がほとんど落ちてしまって、歩道には落葉が敷き詰められたようです。

銀杏並木の中間で撮った写真、絵画館が奥にあります。

11月23日から12月3日まで、自動車は通行禁止で、歩行者は存分に紅葉を楽しめます。

夜には紅葉がライトアップされます。

並木の総本数は146本です。

たくさんの訪問者でにぎわっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です