目黒不動尊9

目黒不動尊 瀧泉寺

天台宗泰叡山瀧泉寺は、大同8年(808)に慈覚大師が開創したといわれ、不動明王を本尊とし、通称「目黒不動産」と呼び親しまれています。

江戸時代には3代将軍徳川家光の帰依により堂塔伽藍の造営が行われ、それ以後幕府の暑い保護を受けました。また、五色不動(目黒・目白・目赤・目黄・目青)の一つとして広く人々の信仰を集め、江戸近郊における有名な行楽地になり、門前町とともに大いに賑わいました。さらに江戸時代後期には富くじが行われるようになり、湯島天神と谷中の感応寺と並んで「江戸の三富」と称されました。

境内の古い建物は、繊細でその大半が焼失しましたが、「前不動堂」と「勢至堂」は災厄を逃れ、江戸時代の仏堂建築の貴重な姿を今日に伝えています。

その他、境内には「銅作役の行者倚像」、「銅造大日如来坐像」があり、仁王門左手の池近くには「山手七福神」の一つの恵比寿神が祀られています。

裏山一帯は、縄文時代から弥生時代まで遺跡が確認され、墓地には甘藷先生として知られる青木昆陽の墓があります。

江戸時代には3代将軍徳川家光の帰依により堂塔伽藍の造営が行われ、それ以後幕府の暑い保護を受けました。また、五色不動(目黒・目白・目赤・目黄・目青)の一つとして広く人々の信仰を集め、江戸近郊における有名な行楽地になり、門前町とともに大いに賑わいました。さらに江戸時代後期には富くじが行われるようになり、湯島天神と谷中の感応寺と並んで「江戸の三富」と称されました。

境内の古い建物は、繊細でその大半が焼失しましたが、「前不動堂」と「勢至堂」は災厄を逃れ、江戸時代の仏堂建築の貴重な姿を今日に伝えています。

その他、境内には「銅作役の行者倚像」、「銅造大日如来坐像」があり、仁王門左手の池近くには「山手七福神」の一つの恵比寿神が祀られています。

裏山一帯は、縄文時代から弥生時代まで遺跡が確認され、墓地には甘藷先生として知られる青木昆陽の墓があります。

目黒不動尊 境内案内図。

男坂

毎月28日は目黒不動尊 大縁日

カイノキ

オスの木とメスの木ががあり、冬には葉を落とす高木です。細長い葉が10枚ほど羽状につき、秋には美しく紅葉します。鼻は小さく赤色で香りがあり、円錐状にたくさんつきます。果実は丸く、最初はクリーム色で、紅色から紫青色に熟します。ピスタチオナッツを取る気は本種の仲間です。

学問の神様である格子の中国にあるお墓(孔子廟)に植えられているため『学問の聖木」とされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です