板橋下頭橋6

都立城北中央公園

茂呂遺跡

昭和24・25の群馬県岩宿遺跡の調査で赤土の中から石器が発見され、縄文時代よりも古い先土器時代(旧石器時代)と呼ばれる時代が日本にも存在したのではないかという可能性が提起されました。翌年(昭和26年)3月瀧澤浩氏(考古学者 当時中学生)がこの地域の茂呂山(正確には「オセド山」という。)の道路の切通から黒曜石製石器一点と礫群を発見したことを受けて、同年7月明治大学と武蔵野郷土館が実施した共同発掘調査で、関東ローム層中から石器群が確認されました。

これら石器群は南関東地方における旧石器時代資料の初例となるもので、茂呂遺跡の調査は、日本列島においてローム層中に旧石器文化が普遍的に存在することを実証しました。とりわけ出土したナイフ形石器は「茂呂型ナイフ形石器」と命名され、茂呂遺跡は旧石器時代の標識遺跡として知られています。東京だけでなく日本列島の旧石器時代を解明した記念すべき遺跡です。

茂呂型ナイフ形石器の石材は信州産の黒曜石です。

城北学園 高等学校 中学校

上板橋村役場跡

江戸時代に川越街道の宿駅になっていた上板橋宿は、現在の弥生町・東山町等を含む大きな村でした。

明治22年の町村制施行にあたっては、江戸時代の村をいくつか合併して新町村が編成されるのが普通でしたが、上板橋は単独で上板橋村となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です