荏原台地3

円融寺

円融寺仁王門

仁王門は三間一戸、八脚、入母屋造、茅葺(現在は銅板葺)で、溶剤は主に欅と檜を使い、和様に唐様を取り入れた建築様式で、細部の虹梁、蟇股、懸魚などにも彫刻的装飾が多く施されています。

中央通路両脇に安置されている木造金剛力士像は、永禄2年(1559)鎌倉扇谷大蔵法眼の作と言われ、簡素な中に力強さを秘めており、「黒仁王さん」または「碑文谷の仁王さん」として親しまれ、江戸時代末期に多くの人々の信仰を集めました。

仁王門は木造金剛力士像の製作とともに建築されたものと推定され、部分的には中世的特質も残していますが、しかし寛文期(1661-1673)から元禄期にかけて様式特徴がみられることから元禄期(1688-1704)にかけての様式特徴がみられることから、現在の仁王門は近世になって大改修が行われたものと考えられます。

手前にガラスがあるので反射して見難いのですが、反射した木の上に仁王様が見えます。

円融寺

寺伝によれば円融寺は、仁寿3年(853)に慈覚大師によってこの地に開かれた天台宗法服児がその始まりです。

公安6年(1283)日蓮上人の高弟日源上人により天台宗から日蓮宗に改宗しました。この時に寺号も妙高山法華寺と改めて、以後約400年の間にわたり栄えた名刹でした。

しかし、いわゆる不受布施の協議を強く主張したため江戸幕府の弾圧を受けることとなり、元禄11年(1698)に元の天台宗に戻されました。そして天保5年(1834)に山号寺号を経王山円融寺へ改め今日に至っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です