メルボルン・ウルル59

ウルル登山が、強風と高温で禁止のため、ムティチュル洞穴の見学です。

茶色いのは土ではなく大きな岩です。

このような解説が所々にあります。

これは家族用の洞穴です。何世代にもわたって、アナングの家族はここでキャンプをしました。男は狩猟で肉を、女と子供は草むらの食べ物を手に入れました。食べ物はここに持ち寄って、みんなで分けて食べました。

ガイドさんがディンゴの写真を掲げています。

オーストラリア大陸とその周辺に生息するタイリクオオカミの亜種であり、広義でいうところの野犬の一種である。

ディンゴはオーストラリア大陸とその周辺に生息するタイリクオオカミの亜種で、広い意味で野犬の一種です。

二本の茶色いのがディンゴの耳です。

ディンゴの写真です。

チュクリチャ

ウルルの岩の形や模様を題材として、年配者は子供達に数多物語を語り伝えてきました。

岩にある線や割れ目には物語があるのです。

KUNIYA WALK クニヤ・ウォークもそろそろ終わりに近づいてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です