メルボルン・ウルル69

ウルル登山口の右奥の方を歩きました。

火星人のようです。

朝早いので、陰になっています。

ほくろの様に、ぽつぽつ穴が空いています。

わざと木を燃やして、自然発火しても類焼にならないようにしているのだそうです。日本の江戸時代も、打ち壊し消法というものがあって、類焼を防ぐために、火事の風下の家を壊していました。

燃やしても、木が全部燃えなければ、新芽が出てきます。

ここは完全に木が燃えてしまいました。

マルガ、アカシアアネウラは、オーストラリアの乾燥した内陸に生える低木です。

木の全体はこんな感じです。

登山口に戻って来ましたが、やはり、登山禁止でした。赤い服の女性はガイドさんです。日本語が上手です。

強風のため登れません、と書いてあります。

残念そうに、レンジャーを囲む登山者たち。中央の背の高い男性は帽子の上に網をかぶっていますが、ここはハエが多いので、網が有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です