ケネディー基地・カリブ海27

アポロ計画では、漫画「ピーナッツ」のキャラクターである チャーリー・ブラウンとスヌーピーが使用されたため、マスコット・キャラクターとなりました。

1968年スヌーピーは飛行安全の番犬となったのですが、スヌーピーの生みの親、チャールズ・シュルツはこの考えを大歓迎し、NASAは無料で「宇宙飛行士スヌーピー」の使用許可を得たのです。

写真の受取コーナーです。

元に戻って来ました。

中欧の木の中に鷹の巣があります。

鷺もいます。

宇宙飛行のシミュレーションコーナー

軌道カフェの食券購買機

購入後は奥のコーナーで食べ物を受け取ります。

ここで食べ物を揃えてくれます。

ピザとサラダ

平日なのですいています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です