アンコールワットの旅18:プレアヴィヒア寺院 ヒンドゥー教の神様 仏教 お釈迦様 兵士 お坊様 回廊

プレアヴィヒア寺院の回廊です。

アンコールワットの寺院の回廊は天井が崩落したものが他藩ですが、ここはしっかりと残っています。彫刻もかなり丁寧に彫られているので、きちんとした建造物のようです。

巡視の兵士たちがいます。ベトナムとの国境です。

プレアヴィヒア寺院は高い山の上にあるので見晴らしがよいのです。四角いお堀が光っています。

こちらにも同じようなお堀があります。

お坊さんと兵士と古代の寺院遺跡。

保存状態が良いですね。ヒンドゥー教の神様を祀っています。

見事な寺院です。

牛の乗る神様。大きな草で日除けをしています。

ここも立派な彫刻です。

1000年前に建てられたときは、ヒンドゥー教だったのですが、今は仏教になっています。ヒンドゥー教は紀元前6世紀のお釈迦様以前から信仰されていましたが、仏教がインド全体に広まって、ヒンドゥー教の力が弱まってしましました。そこで、お釈迦様をヒンドゥー教の神様の一人として組み込んでしまったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です