京都 3

11月下旬の京都は、桜の葉が落ちつぼみが固く閉じています。

東寺金堂

拝観料を取っているのだから、もっときれいにしてほしい。

金堂は撮影禁止です。

文明18年(1486)に焼失し、今の堂は豊臣秀頼が発願し、片桐且元を奉行として再興させたもので慶長8年(1603)に竣工しました。

五重塔は純和様を守っています。

東寺の塔は地震で倒壊したという記録は見当たりません。これは五重塔の塔身が各層ごとに、軸部、組み物、軒を組み上げ、これを最上階まで繰り返す積み上げ構造になっていて、木材同士も切り組や単純な釘打ち程度で、緊結されていない柔構造だからです。

講堂

講堂は店長2年(825)弘法大師によって着工され、承和2年(835)ごろには完成しました。その後、台風、自身、土一機による戦禍で焼失しました。現在の講堂は延徳3年(1491)に再興された建物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です