アンコールワットの旅38:バンテアイ・スレイ 絵葉書売りの子供たち レリーフ

バンテアイ・スレイの観光です。現地につくと、すぐに子供が二人寄ってきました。絵葉書を売っているのです。5枚で1ドル。右側の男性はガイドさんです。このガイドさんは、ツアー会社に所属しているのではなく、フリーなので、収入面では厳しいらしいです。そこで近いうちに日本に3年間、職業訓練という名の出稼ぎに来ると言っていました。1年で20万円、3年合計で60万円のあっせん手数料を払って、しかも毎月3万円を毎月の給料18万円から差し引かれると言っていました。それでも今の収入よりずっと良いらしいです。

この女の子の絵葉書を買ってあげました。

男の子も買ってほしいので、付いてきます。

どんどんついてきます。

ホテイアオイの花は日本と同じです。

この寺院は「女の砦」と言われています。

立派なレリーフです。

参道にリンガーがたくさん立っています。

東の塔門の壁画です。

1930年代に修復が行われたので、保存状態は良好です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です