アンコールワットの旅39:バンテアイ・スレイ寺院 サンスクリット語

引き続き、バンテアイ・スレイ寺院です。

見事なレリーフが続きます。

これだけ繊細に彫るためには、石も固いものが必要です。

蓮の花、きれいに咲いています。

寺院の周りの沐浴のための池です。

サンスクリット語で書いてあります。

物語があるのでしょう。

よく盗まれずに保存されたものです。

堀の深い立派な彫刻です。

蓮が花盛りです。

ただの石ではありません。サンスクリット語で書いてあります。

これでバンテアイ・スレイは終わりです。次はクバール・スピアンに向けて出発です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です