京都2-12

鞍馬駅の天狗の面

山の精霊である天狗

天狗の面の専門店

鞍馬寺

唐招提寺の開山鑑真和上(鑑真和上)の工程、鑑禎(がんちょう)上人が、宝亀元年(770)、鞍を負った白馬の導きで当山に至り、毘沙門天を感得して草庵を結んだのが始まり。

延暦14年(796)には、藤原伊勢人が王城鎮護の道場として伽藍を造営

現在は鞍馬弘教の総本山であり、宇宙の大霊・尊天を本尊とする信仰の浄域です。

由岐神社

大己貴命と少彦名命を祀る

天変地異が続く都を鎮めるため、天慶3年(940)、御所内に祀られていた最新をこの地に勧請したのが当社の始め。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。