京都2-14

冬柏亭(とうはくてい) 与謝野晶子書斎

冬柏亭(とうはくてい)は、昭和4年(1929)12月、与謝野晶子の五十の賀のお祝いとして、その弟子達から贈られた書斎です。

与謝野家は、関東大震災の後、昭和2年(1927)東京市萩窪村(杉並区南荻窪)に転居し、そこには「采花荘(さいかそう)」と呼ばれる日本家屋と「遥青書屋(ようせいしょうおく)」と呼ばれる洋館がありました。

木の根道

木の根道は、硬い地質のため、杉の根が地中に入りにくく、地表を張っている姿です。

大杉権現、奥之院、貴船

大杉権現社

ここは倒れている杉が多い

これもそうです。

奥の院 魔王殿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。