京都2-24

右方面は全山紅葉という感じ

かわらけ投げ

厄よけなどの願いを掛けて、高い場所から素焼きや日干しの土器(かわらけ)の酒杯や皿を投げる遊び

かわらけとは、江戸時代に祝事の際に用いられた土器の酒杯(盃)を意味します。戦国時代、武将が必勝を祈願して盃を地面に投げつけて出陣したことがかわらけ投げの起源とされ、江戸時代にはかわらけ投げが庶民の娯楽となり、祭礼や祝事の際に行われるようになりました。発祥地は京都市の神護寺とされます。日本各地の高台にある花見の名所などで、酒席の座興として広まったとされます。

比叡山

北山杉は、京都市北部から産する杉をいいます。

磨き丸太として、室町時代から茶室や数寄屋に重用されました。

千日回峰行(せんにちかいほうぎょう)とは、滋賀県と京都府にまたがる比叡山山内で行われる、天台宗の回峰行の一つで、満行者は「北嶺大先達大行満大阿闍梨」と呼ばれる。

塩沼 亮潤(しおぬま りょうじゅん、1968年3月15日 – )は、金峯山の大峯千日回峰行者(大行満大阿闍梨)

八瀬の紅葉の小道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。