千駄ヶ谷駅周辺を歩く:東京体育館 津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス プラットホーム

千駄ヶ谷駅の前に東京体育館があります。

体育館前は、スポーツ大会の学生でいつもあふれています。

有名芸能人が国立競技場でコンサートしていたころは、この辺りにたくさんのティーンの女の子が、「チケットを譲ってください」というプラカードを持っていました。

東京体育館の向かい側には、津田塾大があります。

津田塾大学千駄ヶ谷キャンパスです。

千駄ヶ谷駅前と改札口周辺はとても狭いので、2020東京オリンピック・パラリンピックの時には、非常に混雑すると思われます。

ロンドンオリンピックの時には、ゲームが終わった後は、電車の切符は不要になったそうです。

つまり、自動販売機で切符を買い求める人達が駅前であふれることを、避けた措置です。

東京オリンピックではどうなるのでしょうか。

JR千駄ヶ谷駅のプラットホームも改修中です。

このプラットホームは前回オリンピックの時に使われていて、それ以来ほとんど使われず、老朽化していました。

それを全部取り外して、新しいものを作るようです。

改修中のプラットホームの反対側が新宿御苑です。

山茶花が満開です。

新宿は東海道の品川宿、中山道の板橋宿、日光街道(奥州街道)の千住宿と並んで江戸四宿と呼ばれていました。

もともと、甲州街道の一番目の宿場は高井戸宿だったのですが、日本橋から遠かったので、その間に内藤新宿を作り、今の新宿になりました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です