サイパン10:テニアン島 タチョンガビーチ アオウミガメ オヤビッチャ セナスジベラ

テニアン島へようこそ。Hafa Adaiはチョモロ語でしょう。

道路が南北に走っています。テニアン島には、チョモロ人が住んでいますが、働かない人も多いそうです。働かなくてもアメリカ合衆国から生活保護を受けられるのだそうです。

タチョンガビーチです。

モーターボートで、シュノーケリングの場所まで行きます。

アメリカが作った防波堤ですが、鉄がさびてしまっています。モーターボートのパイロットは、高度のライセンスが必要で、このパイロットは、夕方までモーターボートを操縦したあと、夜は空港で公務員として働いているそうです。

アオウミガメがたくさんいます。チョモロ人は、かつてアオウミガメを食用にしていましたが、今は食べないので、かなり増えているそうです。

水深15メートルぐらいのところを悠々と泳いでいます。

ソーセージを与えると、オヤビッチャが寄ってきました。ボリッボリッと食いついてきて、振動が伝わります。

縦じまの魚はオヤビッチャです。

セナスジベラです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です