イタリア14:ルレ・マレスカ・ホテル カモメ 青の洞窟 Grotta Azzurra 

屋上のベランダでの朝食です。今日も、カモメが塀の上からチャンスをうかがっています。

席を離れると、食べ物を取られて今いますよ、という注意書きがあります。

3日目にして初めて、青の洞窟に入れます。鉄製の手すりの左側から、小さな手漕ぎボートが入ろうとしています。乗客はボートのヘリよりも身を低くしなければなりません。

順番が近づいてきました。

入りました。会場は暗いのですが、海の下は青い世界です。手漕ぎボートしか入れない世界です。

洞窟の中に入れば、天井はある程度の高さです。

かつては、ローマ帝国の皇帝が浸かっていたと言われています。

その後、1000年以上、地元の人以外からは忘れらていましたが、1830年代に有名になったそうです。

洞窟の穴の手前に手漕ぎボートが浮かんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です