コロンバス4:ポール・アンカのコンサート オハイオ ツーショット 史上最大の作戦 「音楽は仕事ではなく、情熱だ。」 サミー・デービス・ジュニア

ポール・アンカのコンサートで、ポールアンカは舞台から登場せず、客席の通路から登場することが多いのです。今回も「ダイアナ」とうたいながら、通路から登場しました。

Paul Anka – Live In Switzerland (AVO Session 2013)

できるだけ良い席を取ろうと、前から2列目の席を買いました。

ポールアンカは年間十数回アメリカ各地でコンサートを開いています。

ニューヨークなどの大都市でなく、地方都市での開催を狙って、コロンバスに来ました。お客さんもオハイオ州の地元の人たちが多いと思われます。

「音楽は仕事ではなく、情熱だ。」と語っていました。

沢山のお客さんがカメラで写真を撮っていました。

すぐそばまで、本人が近づいてきました。

そして我が家のカメラを取り上げて、自分と私のツーショットを撮ってくれました。

ポールアンカ本人の顔が映らなかったので、もう一度アップで撮ってくれました。

ポールアンカ自身はカナダのオタワ出身ですが、映画「史上最大の作戦」のテーマソングを自作しています。

サミー・デービス・ジュニアとは仲が良かったようです。サミーは黒人なので、1960年代に地方でコンサートを開催したときに、サミーだけ白人のホテルには泊まれなかった、という話をしていました。1960年代の人種差別は激しかったようです。今回のコンサートもお客は、私たち以外は白人だけでした。ポールアンカの両親はレバノン出身です。

エネルギッシュなコンサートも終わりました。一番小さい人がポール・アンカです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です