カリブ海クルーズ22:Welcome to Curacau ヤシの木の優しい葉 Rif砦 大砲

Eurodamの船首部分です。乗船する時は、バスに乗ったまま建物に入ってしまったので、見えませんでした。

大きいですね。ハリケーン・イルマが来ても大丈夫なんでしょうか。

そういえば、トワエモアの白鳥英美子さんが、NHKのラジオで、「11月に飛鳥Ⅱでコンサートをしたときに、とても揺れて、仁王立ちしなければ立っていられませんでした。」と言っていたので、嵐になれば揺れるんでしょうね。

全貌です。

この島は、波止場に建物がないので、飛行場ならタラップを使って乗る感じです。

Welcome to Curacau の看板です。海が真っ青なので、看板もそのイメージですね。

カラフルです。

日差しが強そう。

日本のヤシより、少し繊細な葉のようです。

カリブ海は砦や大砲が多いですね。

2世紀くらい前までは、戦いの連続だったのでしょう。

Rif 砦です。壁が高いですね。

午後になって、空が晴れてきました。

ヤシの葉の影も優しそう。

Rif取りでの上から見た豪華客船Eurodamです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です