八ヶ岳4:赤岳頂上小屋 富士山 文三郎道 阿弥陀岳 中岳 行者小屋 美濃戸山荘

赤岳頂上小屋の個室から夕焼けを見えます。

晩御飯です。

夜は曇ってしまって、星は見えませんでしたが、朝方には雲が晴れて、天の川が見えました。早朝の富士山です。

朝ご飯です。隣に名古屋の父と息子がいました。小学生の息子さんは、山登りが嫌いで、「これが最後だから、次からは、お父さんが一人で行って。」と言っているのだそうです。そこで私は、「うちも、子供が小学校の頃は、『どうせ、下りなきゃいけないのに、なぜ登るの?』と言っていたけど、大きくなったら、経歴書の趣味の欄には、登山、と書いている。」と言ってあげました。そのお父さんは、「うちもそうなってくれたらいいんだけど。」と言っていました。

4日目、最終日です。文三郎道を下ります。

八ヶ岳の稜線が見えます。

奥が阿弥陀岳、その前の陰になっているのが中岳です。

振り返ると、赤岳が聳え立っています。

遠くに行者小屋が見えます。鎖場です。

行者小屋の周りにはカラフルなテント。

さらに下ります。

美濃戸山荘です。ここからはバスに乗って帰ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です