目黒区駒場2

東京大学駒場キャンパスの里桜です。

野球グラウンドの周りには、様々な種類の八重桜が満開です。

桜の寿命は比較的短いと言われています。

八重桜の開花期間は長く、楽しめます。

レンゲツツジも咲き始めました。

もともとこの地区は、現在の東京大学農学部の前身である駒場農学校(その後東京農林学校→東京帝国大学農科大学と改称)の校地でしたが、1935年、東京大学農学部は向ヶ丘(本郷校地の一部)の旧制第一高等学校と校地を交換して移転し、代わって移転してきた旧制第一高等学校は、新制東京大学に包括され廃止になるまでここを校地としました。そして新制大学移行により、旧制第一高等学校に代わり東京大学教養学部がこのキャンパスに設置され、現在に至っています。

また一高の駒場移転以前の1926年、東大校地に隣接していた侯爵・前田利為の邸宅(現在の東京大学「懐徳館」付近に所在)も、東京大学と敷地を交換し駒場の農学部農場跡地に移転してきました。この地に新しく建てられた前田邸は、その後さまざまな経緯をたどって1967年に東京都駒場公園として公開されるようになり、現在に至っています。

この建物は現在レストランになっています。

半世紀近くの年月が過ぎて、建物も新しくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です