目黒区駒場4

東京大学駒場キャンパスの八重桜です。

この地には、かつて、東京大学 駒場寮という学生自治寮がありました。1950年までは旧制第一高等学校の駒場寄宿寮でした。東大紛争などで急進派学生の拠点の一つになったこともありました。跡地には、近代的な建物が建てられました。

ラグビーの練習場です。

野球グラウンドまで戻ってきました。

東京大学駒場キャンパスの傍には駒場公園、日本近代文学館、前田家があります。

駒場公園和舘です。入場無料。

明治4年 103,822坪あった本郷前田邸を上屋敷12,670坪に削って、残り91,152坪を国に出したのが現在の東大の始まりです。

大正15年 学校の敷地が手狭なったので東京帝大農学部の一部4万坪及び地続きの佐々木演習林の敷地一部一万余坪と等価交換しました。

昭和4年 イギリス大使館付武官の頃、迎賓館を兼ねてロンドン風の建物を建築しました。(洋館)

昭和5年 江戸時代の武家屋敷風に建築士渡り廊下でつなぎました。(和舘)

昭和17年 前田侯爵陸軍大将として南方方面指揮官としてボルネオにて。戦死

昭和19年 丸の内明治生命ビルにあった中島飛行機製作所本社が疎開してきました。

昭和20年 尊経閣を除いて全部を連合軍に接収されました。当初マッカーサー元帥が使用することになっていましたが、調査の結果、民家と屋敷があまりにも接近していることが警備上難しい理由として使用中止となりました。

和舘です。

和室から庭を見た風景です。

4月中旬の庭園です。

石灯篭。池には鯉が泳いでいます。

床の間。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です