アンコール・ワットの旅1:手賀沼 印旛沼 霞ヶ浦 犬吠埼 利根川 九十九里浜 館山 房総半島 太東岬 勝山

正月明けのアンコールワットの旅です。早朝に成田を出発します。

航空会社はキャセイパシフィック航空です。

ボーディングブリッジが飛行機から離れていきます。

離陸するとすぐに手賀沼、奥に印旛沼が見えます。その間に富士山が見えます。

霞ヶ浦。ゴルフ場がたくさんあります。

犬吠埼と利根川が少し遠くに見えます。

東の方に太陽が昇ってきました。

九十九里浜の右側に太東岬(たいとうみさき)が見えます。

もう一枚。内陸も見えます。

九十九里浜は長い、長い。

窓ガラスが少し汚れてますね。

房総半島の先端、館山、勝山が見えます。小学生の頃に、毎年海水浴に行きました。昔は、街の明かりがあまりなくて、夜は天の川がよく見えました。朝早く海の中の釣り堀に行って、大きな魚を釣りました。あれから半世紀以上が経ちました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です