モルディブ50

ヴィラメンドゥーのアオウミガメです。

海面が近づくと太陽光が差して、色が鮮やかになります。

右の方に泳いでいるのは誰でしょう。

海上に顔を出しています。

海中でこんなにアップで見れたのはラッキーです。

ゆっくりと、しかし着実に泳いでいます。

海底でエサを探しています。

アオウミガメ、ツノダシ、ニシキヤッコ

海水と珊瑚もきれい

ニシキヤッコを食べているわけでは有りません。

アオウミガメの産卵期は5~8月で、静まり返った夜の砂浜に、産卵のために上陸してきます。

上陸した母ガメは、まず自分がすっぽり入るくらいの大きな穴(大穴)を前肢で掘り、次に卵を産み付けるための小さな穴(小穴)を後肢で掘ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です