アンコールワットの旅16:プレアヴィヒア寺院 兵隊 ベトナムとの戦争

アンコールワット郊外のプレアヴィヒア寺院に到着しました。

このような4輪駆動3台に分乗して急坂を登ってきました。

この辺りは、標高が高い。このような家に住んでいます。

日本製のオートバイは必需品です。ホンダが多いですね。

石畳です。小さい穴は、この石を運んで来るときに使ったのでしょう。

寺院はすべてヒンドゥー教寺院ですが、その後カンボジア国民がほとんど仏教徒になったので、仏教のためのじいとして使われています。このお坊さんも仏教徒です。お坊さんはみんな若い。

蛇の頭の石像です。

国境では、最近までベトナムと戦争がありました。兵隊が見張っています。ゴム草履をはいています。

階段の下には国境があります。山を下りると、そこはベトナムで、ベトナムには入れません。

すぐそこの山は、もうベトナムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です