アンコールワットの旅15:焼きそば パイナップルと豚の炒め物 鶏のスープ 鶏セキショクヤケイの原産地

カンボジアのコーケー寺院の入口付近のお店の昼食です。

焼きそばです。

パイナップル、豚肉、青いトマト。

肉と玉ねぎ、青トマト。

鶏肉のスープ。

食後、ブーゲンビリアのそばで。

コーケーを出発して、次の目的地、プレアヴィヒアの入場券売り場です。Tickt  Officeの赤い看板。

ここまで、この小型バスできましたが、ここから4輪駆動に乗り換えます。

かなりの急坂です。プレアヴィヒアまでは、再び1時間かかります。

簡易なゲートです。

鶏を飼っていますが、牛と同様に、痩せていて小さいです。鶏の原産地は、東南アジアの密林にいるセキショクヤケイということですから、まさにここら辺が原産です。鶏を襲う狼などもいませんから、安心して草を啄んでいます。犬もたくさん放し飼いになっていますが、襲わないのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です