京都 21

臨済宗建仁寺派 高台寺

鷲峰山と号する寺で、蒔絵の寺として広く知られています。

豊臣秀吉の正室・高台院(ねね、北政所)が、秀吉の菩提を弔うため徳川家康の配慮を受けて慶長11年(1606)に創建しました。

度重なる火災に遭い、数々の堂宇が失われました。

現在は表門、観月台、開山堂、霊屋、茶室の傘亭と時雨亭が当時のまま残っています。

北政所の墓所である霊屋には秀吉夫妻の木造が安置されています。

蒔絵装飾は室町時代の漆工芸美術の粋が尽くされています。

開山堂の臥龍池と西の偃月池を中心とする池泉回遊式の庭園は、小堀遠州の作と伝えられています。

高台院像、豊臣秀吉像、蒔絵の調度品、絵画などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です