京都 22

高台寺のライトアップ

寛永元年七月(1624)建仁寺の三江和尚を開山として迎え、高台寺としました。

造営に際して、徳川家や右派当時の政治的配慮から、多大の財政的援助を行いました。

場所は、京都府京都市東山区

池に移った風景が、揺れていません。

完全な無風です。

創建当時存在した仏殿は焼失後再建されておらず、方丈が中心的な堂宇となっています。

境内東側には偃月池・臥龍池という2つの池をもつ庭園が広がり、開山堂、霊屋、茶室などが建っています。

かやぶきの屋根

黒門が境内からやや離れて建っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です