電車で行くキャンプ:奥多摩 氷川キャンプ場 11

電車で行くキャンプ 東京都 奥多摩 氷川キャンプ場 朝の風景

高山のキャンプと違って、大きなテントもあります。

つり橋の上の小枝。昔はただの小枝でしたが、最近は焚火の材料として見ます。

遠くの山は、昔登った三頭山でしょうか。

住宅の北側には、シイタケ栽培の木が並んでいます。

ノゲシ

チェックアウトは午前10時までなので、撤収にかかります。

受付のお店には、様々な薪材が置いてあります。エノキ、ツデ、ケヤキ、カキノキ、ウメ、クヌギ、サクラ、クリ、針葉樹、カシ、ナラ。

広葉樹は長持ちするので高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です