アンコールワットの旅45:ロリュオス遺跡 募金箱 漆喰 レンガ

牛の放牧です。水田の収穫後に稲の茎を餌として食べています。どの牛も痩せていますから、飼料は与えてないのでしょう。

ロリュオス遺跡です。ここが最後の観光です。

ここは修復作業をしています。アンコールワットより、300年も前の遺跡です。

クメール王国の最初の拠点は、このロリュオス遺跡群でした。レンガ造りです。

レンガの上から、このように漆喰を塗っています。当時はきれいだったのでしょう。

仏僧が寄付を募っています。英語、日本語、中国語でお願いしています。

パパイヤの木です。

サンスクリット語で書いてあります。

レンガの中に、立派な彫刻を施してあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です