慶良間諸島 10

慶良間諸島(沖縄県島尻郡)の阿嘉島・外地島・慶留間島および屋嘉比島の4島(いずれも座間味村)に分布する(屋嘉比島は無人島)

日本国内で最南限に棲息する野生ジカであり、日本で唯一の亜熱帯性の有蹄動物でもある。

ケラマジカは“島渡り”、すなわち泳いで慶良間諸島の各島間を移動することが知られており、実際に泳いでいる姿が目撃されたり、時には泳ぎ疲れて漁船に助けられたりすることもあるという。島渡りは主に繁殖期に行われる。

現在、阿嘉島・慶留間島・外地島の3島は、阿嘉大橋などの道路橋でつながっており、ケラマジカもその橋を渡って各島間を行き来していることが知られている。

阿嘉島には猫も多い

個々の猫はやせていて、頭が小さい。

屋上のジャグジーでさっぱり

晩御飯はブッフェスタイル

今日は2022年7月7日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。