カリブ海クルーズ10:メキシコ料理 フォート・ローダーデール・マリオット・ノース メキシコ料理 飛行機と星の軌跡 オレンジ レモン ライム ユーロダムに乗船 船室

もう少し町中を見てみましょう。

このホテルは、フォートローダー・デールの目抜き通りで最初のホテルです。

目抜き通り以外は、あまり人が歩いていません。

ここは落ち着いた街なので、人通りが少なくても、あまり不安を感じません。

若者がたくさん屋根の下にいます。

これは何でしょうか。

屋台でハンバーガーを食べているのなかなあ。

でも食べ物も飲み物もありません。

10人ぐらいで漕ぐ自転車のようなものです。

地元を歩いた一日が暮れていきます。

明日は大型客船に乗ります。

 

Fort Lauderdale Mariotte North  に戻ってきました。

フォートローダー・デールは、アメリカのベニスと言われています。

fort は砦、lauderdale は人名です。Lauderdale少佐が砦を作ったのが、この土地の名前の由来です。

夕食は近くのレストラン群の中のメキシコ料理にしました。

アボカド・マッシュが乗っています。

ビールはなぜか ベルギーの Blue Moon  です。

ホテルに戻ってきました。

フォート・ローダーデール・マリオット・ノース。

今晩もライブコンポジットに挑戦しました。

飛行機の軌跡と星の軌跡が写っています。

明日はいよいよ乗船です。

ホテルでは、朝だけ、このような水が飲めます。

左はオレンジ、右はレモンとライムの輪切りが入っています。

乗船場に向けてバスで出発しました。

客船は、Holland America LineのEurodam(ユーロダム)というオランダ保有の船です。
2008年の就航で、総重量は86,700トンです。

乗客は2092名で、乗員は925名です。従って、乗客2名に1名弱の乗員がいる計算になります。

ホテルを出発したバスは乗船するための建物に入ってしまったので、船の全貌が分かりません。

数日後に、カリブの島に上陸する時に初めて写真を撮れましたので、そこまでお預けです。

 

乗船するための建物のロビーで待つ乗客です。

日本人はいません。

ほぼ全員がアメリカ人ですので、容赦のない英語のアナウンスです。

スーツケースは自分では持ち込めず、係の人が午後1時ごろまでに客室の前の通路においてくれるシステムです。

そして乗船し、客室にたどり着きました。ガラス戸の外にベランダと、椅子が見えます。

客室のランクは、大きく分けて4段階です。

Suite:居間と寝室が一続きになっている豪華な部屋で、ヴェランダもあります。Suiteの中にも区分けがあって、最高ランクはPenthouse Suiteです。

Verandah:ヴェランダのある客室です。

Ocean View:海が窓から見えますが、ヴェランダは有りません。

Interior:窓がありません。

下は、ヴェランダからの景色です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です