南アルプス 鳳凰三山 9

地蔵岳から下って、鳳凰小屋にたどり着きました。小屋のご主人が、「今朝から、御座石・韮崎間のバスが運休したと、御座石鉱泉のおばさんが言ってた。」と教えてくれました。ここで、弁当を半分食べて、コーヒーを飲みました。

50年以上の鉄窯でお湯を沸かしていました。

右側に薪、左に渓谷を眺められるテーブル席があります。

下り始めました。御座石鉱泉に向かいます。御座石鉱泉にするか、青木鉱泉にするか、今朝まで決めていなかったのですが、登りの登山客から、「雨で水量が増えたので、青木鉱泉への道はお勧めできない。」と言われました。青木鉱泉への道はドンドコ沢と言って、滝があるのですが、御座石鉱泉に下ることにしました。

更に下ると同じような標識があります。

ホタルブクロです。

この木も、最近折れたようです。木って、もろいものですね。

鳳凰小屋からコースタイム2時間の燕頭山2104mです。

鳳凰小屋では、3時間で御座石鉱泉に着くといわれましたが、遠い遠い。膝の周りの筋肉に力が入りません。途中で、枯れ葉の上に足を下ろしたら、滑って、2、3回転しましたが、かすり傷で済みました。しかし、現在、肩関節周囲炎(50肩、frozen shoulder)で、少しひねると痛いため、きつかった。

御座石鉱泉のそばの花です。

御座石鉱泉のおばさんです。細田宮子さん、81歳です。元気の良い、明るいおばさんです。長野からもらった林檎を向いてくれました。甘くて美味しかった。

韮崎に行く途中で虹が見えました。

16時23分発のあずさ号に、少し遅れて到着しましたが、列車も1分遅れたのでぎりぎり間に合いました。

缶ビールと昼の弁当の残り半分でほっと一息。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です