マイアミ2018-1:バスタ新宿 リムジンバス ポーラーエアカーゴ 成田空港 利根川 霞ケ浦

マイアミの2018年旅行記です。

最近は、乗り換えが楽なことと、料金が安いので、バスタ新宿からリムジンバスに乗ることが定番になりました。

11月初旬は、秋晴れです。

成田まで順調にバスが奏功してきました。第2ターミナルです。黄色い尾翼のポーラーエアカーゴ(英: Polar Air Cargo Worldwide, Inc.)は、ニューヨーク州に本拠地を置くアメリカの貨物航空会社です。

屋上の展望デッキに登りました。ドキュメント72時間 – NHKで成田航空の飛行機離発着陸を見ることができる公園を特集していました。「世界に一番近い場所だから来ている。」、「太陽の直射日光に当たると体に悪いので、外出できなかった。体の具合が良くなってきて、何とか夜だけは外出できるようになったので、久しぶりに外出した。飛行機が飛び立つのを見れて、感慨深い。」など、さまざまの印象を語っていました。

飛行機の離発着は、通常、向かい風のときに行います。だから、風向きによって、飛行方向が逆になります。

手前から2番目のアメリカン・エアラインに搭乗します。

成田空港の出発カウンターです。これから行くダラス空港などに比べると、小さなフロアーです。

10:30ダラス・フォートワース国際空港行きに乗ります。予定時刻より10分早まっています。珍しい。

出国審査を終えて、乗り場ゲートで待っています。

アメリカン・エアラインの尾翼のデザインが少しずつ塗り替えられてきました。

さあ、離陸です。遠くに管制塔が立っています。

利根川と霞ケ浦です。

利根川の両側には、水田が広がっています。日本の水田は、国の補助金を使って、水田を整備しますが、アメリカの水田は、農家が自分の資金で整備します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です