メルボルン・ウルル10

メロボルンのビーチ、ブライトンの野鳥です。セキレイでしょうか。

カラフルな小屋が見えてきました。

ベイシングボックスBathing Boxと呼ばれています。

天草(テングサ)が流れています。これがところてんの材料になります。

浜辺の上にあるので、2mぐらいの津波が来ると流されそうです。

この小屋は建てられる区域が限られているので、新規に立てることはできないそうです。

一番右側は40年前に流行ったインベーダーゲームです。

日本でこれほどの貝殻があれば、すぐに取られてしまうのでしょうが、人口密度の低いオーストラリアでは、波間に遊んでいます。

メルボルンはオーストラリア大陸の南の方なので、10月はまだ寒い。

砂の城を作っているのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です