メルボルン・ウルル42

キングズ・キャニオン日帰りツアーキングスクリークです。

キングス‐キャニオン【Kings Canyon】

オーストラリア、ノーザンテリトリー中南部にある大峡谷。アリススプリングスの南西約240キロメートル、ジョージジル山脈西端のワタルカ国立公園に位置します。

キングス川により形成された高さ200メートルを超える断崖が続き、風化・浸食でできた砂岩ドームなどの奇岩を見ることができます。

古代の砂丘

山脈の頂上にハチの巣状のドームがあり、その中に斜交層理(地学用語)の一部を見ることができます。

斜交層理は、砂丘のから発生した岩によく見られます。

砂が風下に崩れ落ちて、斜層理を形成します。それが砂の層です。

中央オーストラリアは、風当たりの強い草原で、4億年前に砂丘で覆われました。

この地域は、層の底が徐々に重さで沈み、圧縮されコンパクトになりました。

シリカを多く含んだ水が砂に氾濫し、砂の粒子を固めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です