メルボルン・ウルル52

さあ、ウルル登山の当日です。こんな急峻な岩場をどうやったら登れるのでしょうか。

ウルル (Uluru) はオーストラリア大陸にある世界で2番目に大きい一枚岩です。ウルルは先住民であるアボリジニによる呼び名で、イギリスの探検家によって名付けられたエアーズロック(英: Ayers Rock)も広く知られた名称です。

このバナナケーキは似た形です。

夜明けとともに、ウルルも赤みを帯びてきました。

1987年にユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録されました。

地面からんの高さは335m(標高868m)、周囲は9.4kmです。

原住民の女の人は伝統的に、果実、種、野菜など草原の植物、花の蜜、ミツアリ、小動物の卵などを採集していました。

アボリジニがウルル周辺に住み着いたのは、今から1万年以上前といわれます。

アボリジニが遺したとされる、精霊や水場の位置が描かれた壁画があり、最も古いものは1千年程度前のものと推定されます。

左の絵は、座っている女性、掘る棒、どんぶり、頭の輪です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です