宮古島41

通り池

沖縄県宮古島市の下地島の西岸にある池

「下地島の通り池」として国の名勝及び天然記念物に指定されています

上空から見ると、こんな感じです。

海側(南側)の池が直径75メートル、水深45メートル、陸側(北側)の池が直径55メートル、水深25メートル

地上からは2つの池が並んでいるように見えますが、これらは地下部分でつながっており、さらに海側の池は洞穴で海とも通じています

海岸にあった鍾乳洞が、波によって侵食されて大きくなり、天井が部分的に崩落して形成された陥没ドリーネに海水が浸入したものです。

このような地形は希少であり、また、周囲に学術上貴重な植物が分布していることから、通り池は、2006年7月28日に国の名勝及び天然記念物に指定されています。

名勝と天然記念物との二重指定は33年ぶりのことである。なお、この指定によって通り池でのダイビングが規制を受けることはないとされています。

神秘的な景観を見せる通り池にはいくつかの伝説が残っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です